蒼ざめた馬をGO

Just another WordPress site

未分類

眠り欠損が貫くって、精神的にも肉体的にも

眠り欠損が貫くって、精神的にも肉体的にも非常に疲れます。
ライフスタイルのテンポが崩れていつも人体がだるいだ。
たえず夜の11時折寝ようというのですが、現に布団に入ってみても随分寝付けません。
気が付くと12時は小気味よく回ってしまう。
無理にでも寝ようとして布団をかぶっていると、はからずも
「おやだった」
「こうだった」
「いかんせん」
といった恐怖が心中をよぎっていきます。
考えないようにしていても、必ず見まがうのです。
只寝付くのは1機会を回った頃です。
一年中4日にちほど寝られれば良い方です。
昼過ぎ2機会くらいになるという、僅か睡魔がやってきます。
ここで仮眠をとれば少しは楽になるんじゃないかと思いますが、稼業妻が昼寝を盗るのは怠けていると映るんじゃないかと思って、睡魔を我慢してしまう。
そうこうやるうちに夜になっていくんです。
恐怖で眠れないのは一種の不眠症だと自分では思います。
お話を誰かに対面すれば少しは楽になるのかなと思いますが、誰にも対面できずにある。
仮に生活にトラブルが生まれるようなら、病舎をめぐってみたいとしてある。雪肌ドロップ

-未分類